ミャンマー ニュース | ビルマ・タイムズ - ミャンマー発ニュース速報

インターネットに掲載されたミャンマーに関する記事を、過去にさかのぼって閲覧可能。重要なニュースを記録する日本最大級のミャンマーアーカイブサイト。
ミャンマー関連のニュースを毎日全て配信!『ビルマ・タイムズ』は、ミャンマー関連のニュース、リンク集・掲示板を中心にしたミャンマー在住日本人・旅行者の為のみんなで作る日本語総合情報サイトです。

[在ミャンマー大使館]平成26年度後期用教科書申込のご案内

******************************
****
 在ミャンマー日本国大使館からのお知らせ
 (在留邦人向けメールマガジン)
**********************************


 平成26年度後期分教科書の申込について
 (日本人学校の児童以外が対象)

                         平成26年5月1日
                   在ミャンマー日本国大使館領事部

平成26年度後期分の教科書を無償にて配布致します。希望される方は,大使館領事部へ以下の要領でお申し込み下さい。なお,中学生は後期分教科書の配布はありません。

1.対象となる子女
ミャンマーに在住する日本の義務教育学齢期(小学1年生から6年生)の児童。
日本人学校の児童はお申込頂く必要はありません。なお,教科書の配布は,日本国籍保持者で将来日本に帰国する意志を有する方が対象となります。

2.日本での就学年齢早見表(平成26年度)
【日本での学年】 【生年月日】
小学1年生   2007年4月2日 ~ 2008年4月1日
小学2年生   2006年4月2日 ~ 2007年4月1日
小学3年生   2005年4月2日 ~ 2006年4月1日
小学4年生   2004年4月2日 ~ 2005年4月1日
小学5年生   2003年4月2日 ~ 2004年4月1日
小学6年生   2002年4月2日 ~ 2003年4月1日

3.お申込方法
教科書申込書(注)に必要事項を記入し,大使館領事部へe-mail(ryoji@yn.mofa.go.jp ),FAX(01-549643)又は窓口にて直接ご提出ください。申し込みされた方に対し受領証を発行します。
(注)教科書申込書は,大使館ホームページからダウンロード可能です。
http://www.mm.emb-japan.go.jp/profile/japanese/education.htm#2

(拡大教科書を希望される方へ)
「拡大教科書」とは,弱視児童・生徒のために検定済教科書の文字や図形を拡大等して複製し,図書として発行しているものです。拡大教科書の無料配布対象は,細かく定められていますので,詳細等は大使館までお問い合わせ願います。
なお,教科書の無料配布給与は,一般の教科書または拡大教科書のいずれかのみとなっており,同一の児童が一度に双方の教科書の無料配布を受けることはできませんのでご注意ください。

4.申込期限
5月16日(金)(期限厳守)

5.教科書の配布方法
大使館領事部窓口にて配布致します。配布日時は後日ご連絡致します。
                               (了)

**********************************
在ミャンマー日本国大使館領事部
電話:95-1-549644~8
FAX:95-1-549643
メール:ryoji@yn.mofa.go.jp
【旅券,証明,届出,各種ご相談】
8:30~16:00
(緊急の場合は24時間対応)
【査証(VISA)】
申請 9:00~11:00 交付 14:00~16:00
**********************************




スポンサードリンク

[在ミャンマー大使館]メールマガジン(3月号)

******************************
****

 在ミャンマー日本国大使館からのお知らせ

 (在留邦人向けメールマガジン)

**********************************

大使館からのお知らせ



                         平成26年3月3日

                   在ミャンマー日本国大使館領事部





1.前掲以後発出された,主な渡航情報は以下のとおりです。



スポット情報

●パキスタン:シンド州における爆弾テロの発生に伴う注意喚起(2/17)

●インドネシア:クルッド山(クルド山)の噴火に係る注意喚起(2/14)

●パキスタン:パキスタン各地における爆弾テロの発生に伴う注意喚起(2/6)

●フィリピン:ミンダナオ島におけるテロ等の脅威に関する注意喚起(2/4)

●タイ:反政府集会デモの実施等に関する注意喚起(その6)(1/31)



広域情報

●東アフリカ地域:テロの脅威に伴う注意喚起(2/12)



2.当館メールマガジンの送信

 当館メールマガジンに登録されている方に対して,3日付で上記内容を送信させて頂きます。登録されているにも拘わらず10日までにメールマガジンが届かない方は,何らかの障害が考えられますので,お手数ですが大使館領事部(電話549644~8)までご連絡ください。

 このメールマガジンは,緊急事態を含め当館からの各種「お知らせ」を情報発信するためのもので,ご希望される方ご本人が登録をして頂ければ配信が可能となります。なお,メールマガジンは事件,事故発生時等に速やかに情報を配信する予定ですが,内容について不明な点等がある時は当館領事部(電話549644~8)へ電話確認をお願いします。



メールマガジンの配信登録は当館ホームページ

https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/mlregist/myanmar.html )から可能です。

または,当館領事部メールアドレス(ryoji@yn.mofa.go.jp )宛てに以下の内容をメールにてご連絡下さい。

 ・姓(日本パスポート記載とおりに半角大文字で入力)

 ・名(日本パスポート記載とおりに半角大文字で入力)

 ・生年月日

 ・配信を希望するメールアドレス1つ

 ・パスワード(半角4-10文字)

本件に関する質問等は大使館領事部(電話549644~8)までお問い合わせください。

                                 (了)



**********************************

在ミャンマー日本国大使館領事部

電話:95-1-549644~8

FAX:95-1-549643

メール:ryoji@yn.mofa.go.jp

【旅券,証明,届出,各種ご相談】

8:30~16:00

(緊急の場合は24時間対応)

【査証(VISA)】

申請 9:00~11:00 交付 14:00~16:00

**********************************




スポンサードリンク

[在ミャンマー大使館]メールマガジン(2月号)

******************************
****

 在ミャンマー日本国大使館からのお知らせ

 (在留邦人向けメールマガジン)

**********************************

大使館からのお知らせ



                         平成26年2月3日

                         在ミャンマー日本国大使館領事部





1.      前掲以後発出された,主な渡航情報は以下のとおりです。



スポット情報

●タイ:反政府集会デモの実施等に関する注意喚起(その5)(1/22)

●パキスタン:ラワルピンディー市内で発生した爆弾テロに伴う注意喚起(1/21)

●タイ:反政府集会デモの実施等に関する注意喚起(その4)(1/17)

●タイ:反政府集会デモの実施等に関する注意喚起(その3)(1/10)

●バングラデシュ:バングラデシュ民族主義党による全国規模の抗議運動の実施に関する注意喚起(12/31)

●中国:大気汚染に関する注意喚起(その3)(12/27)

●タイ:反政府集会デモの実施等に関する注意喚起(その2)(12/26)



広域情報

●アフリカ北西地域:テロの脅威に伴う注意喚起(1/7)

●MERSコロナウイルスによる感染症の発生(その16)(12/27)



2.当館メールマガジンの送信

 当館メールマガジンに登録されている方に対して,6日付で上記内容を送信させて頂きます。登録されているにも拘わらず10日までにメールマガジンが届かない方は,何らかの障害が考えられますので,お手数ですが大使館領事部(電話549644~8)までご連絡ください。

 このメールマガジンは,緊急事態を含め当館からの各種「お知らせ」を情報発信するためのもので,ご希望される方ご本人が登録をして頂ければ配信が可能となります。なお,メールマガジンは事件,事故発生時等に速やかに情報を配信する予定ですが,内容について不明な点等がある時は当館領事部(電話549644~8)へ電話確認をお願いします。



メールマガジンの配信登録は当館ホームページ

https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/mlregist/myanmar.htmlから可能です。

または,当館領事部メールアドレス(ryoji@yn.mofa.go.jp宛てに以下の内容をメールにてご連絡下さい。

 ・姓(日本パスポート記載とおりに半角大文字で入力)

 ・名(日本パスポート記載とおりに半角大文字で入力)

 ・生年月日

 ・配信を希望するメールアドレス1つ

 ・パスワード(半角4-10文字)

本件に関する質問等は大使館領事部(電話549644~8)までお問い合わせください。

                                 (了)



**********************************

在ミャンマー日本国大使館領事部

電話:95-1-549644~8

FAX:95-1-549643

メール:ryoji@yn.mofa.go.jp

【旅券,証明,届出,各種ご相談】

8:30~16:00

(緊急の場合は24時間対応)

【査証(VISA)】

申請 9:00~11:00 交付 14:00~16:00

**********************************




スポンサードリンク

[在ミャンマー大使館]大使館からのお知らせ

******************************
*****

*在ミャンマー日本国大使館からのお知らせ

*(在留邦人向けメールマガジン)

***********************************

大使館からのお知らせ

                         平成26年1月14日

                         在ミャンマー日本国大使館領事部



 タイにおける政情不安に関し,1月10日,外務省海外安全ホームページに掲載された「渡航情報(スポット情報)タイ:反政府集会デモの実施等に関する注意喚起(その3)」を以下のとおりお知らせします。

 報道等によれば,13日より,反政府勢力によるバンコク都内閉鎖(Shutdown)が開始された模様です。バンコクへ渡航予定のある方は,報道等を通じて最新情報の入手に努め,不足の事態に巻き込まれることのないよう,身の回りの安全対策及び危機回避に留意して下さい。





     タイ:反政府集会デモの実施等に関する注意喚起(その3)

                                                                        2014年01月10日



1 タイにおいては,首都バンコクを中心に昨年11月以降,反政府勢力のデモが継続していますが,反政府勢力は,1月13日(月)以降,「バンコク都を閉鎖する」として,同日午前9時から,アソーク交差点,ラチャプラソン交差点,戦勝記念塔等バンコク都内7ヶ所( http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/news/140107.pdf )にステージを設けて,活動拠点とする旨の声明を発表しています。



2 また,これまでの反政府勢力の発言から,13日(月)以降上記活動拠点7ヶ所の周囲,バンコク都内14ヶ所の道路周辺( http://www.anzen.mofa.go.jp/attached2/attached_thai20140110.pdf )において,「バンコク都内閉鎖」の影響が見込まれています。



3 上記活動拠点付近では,不測の事態の可能性も全く無い訳ではないので,在留邦人及びタイに渡航を予定される方は,今後とも報道等を通じて,最新情報の入手に努めるとともに,活動拠点,デモ行進,抗議行動及び集会,道路封鎖等の予定されている地域の周辺には,出来るだけ近づかない等,自らの安全確保に十分注意して下さい。なお,都内各所で激しい交通渋滞が予想されますので,お出掛けの方は十分ご注意下さい。



4 デモの実施については,在タイ日本国大使館ホームページにおいて最新の情報を随時掲載いたしますので,参照ください(http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/news/index_josei.htm )。



(問い合わせ窓口)

○外務省領事サービスセンター

 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1

 電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902



(外務省関連課室連絡先)

○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)

 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1

 電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139

○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)

 電話:(代表)03-3580-3311 (内線)3679

○外務省海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp

http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)



(現地公館連絡先)

○在タイ日本国大使館

 住所:177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330

 電話:(市外局番02)207-8500又は696-3000

    国外からは(国番号66)-2-207-8500又は696-3000

 FAX :(市外局番02)-2-207-8510

    国外からは(国番号66)-2-207-8510

 ホームページ: http://www.th.emb-japan.go.jp/

○在タイ日本国大使館領事部

 電話:(市外局番02)207-8502又は696-3002(邦人保護)

    国外からは(国番号66)-2-207-8502又は696-3002

 FAX :(市外局番02)207-8511

    国外からは(国番号66)-2-207-8511

○在チェンマイ日本国総領事館

 住所:Suite 104-107, Airport Business Park, 90 Mahidol Road,

    T. Haiya, A. Muang, Chiang Mai, 50100 Thailand

 電話:(市外局番053)203367

    国外からは(国番号66)-53-203367

 FAX :(市外局番053)203373

    国外からは(国番号66)-53-203373

 ホームページ:http://www.chiangmai.th.emb-japan.go.jp/



                                (了)





***********************************

*在ミャンマー日本国大使館領事部

*電話:95-1-549644~8

*FAX:95-1-549643

*メール:ryoji@yn.mofa.go.jp

*【旅券,証明,届出,各種ご相談】

*8:30~16:00

*(緊急の場合は24時間対応)

*【査証(VISA)】

*申請 9:00~11:00 交付 14:00~16:00

***********************************




スポンサードリンク

[在ミャンマー大使館]メールマガジン(1月号)

******************************
*****

*在ミャンマー日本国大使館からのお知らせ

*(在留邦人向けメールマガジン)

***********************************

大使館からのお知らせ

                           平成26年1月6日

                           在ミャンマー日本国大使館





1.平成26年領事窓口休館日(大使館休館日)を以下のとおりお知らせ致します。

 1月  1日(水)元日/カレン新年(Karen New Year Day)

 1月  2日(木)年始休暇

 1月  3日(金)年始休暇

 2月 12日(水)連邦の日(Union Day)

 3月 27日(木)国軍記念日 (Armed Forces Day)

 4月 14日(月)水祭(Maha Thingyan Festival)

 4月 15日(火)水祭(Maha Thingyan Festival)

 4月 16日(水)水祭(Maha Thingyan Festival)

 4月  17日(木)ミャンマー新年(Myanmar New Year Day)

 4月 18日(金)ミャンマー年始休暇(Myanmar New Year Holiday)

 4月  21日(月)ミャンマー年始休暇(Myanmar New Year Holiday)

 5月 13日(火)カソン満月(Full-Moon Day of Kasone)

 7月 11日(金)ワソー満月(Full-Moon Day of Waso)

10月    8日(水)タディンジュ満月(Full-Moon Day of Thadingyut)

11月  6日(木)タザウンモン満月(Full-Moon Day of Tazaungmone)

12月 25日(木)クリスマス(Christmas Day)

12月 29日(月)年末休暇

12月 30日(火)年末休暇

12月 31日(水)年末休暇

 緊急の場合は、大使館代表電話549644~8へおかけ頂き、24時間勤務の守衛へ伝言(お名前、お電話番号)をお伝え下さい。領事担当より折り返しご連絡致します。





2.前掲以後発出された,主な渡航情報は以下のとおりです。

スポット情報

●タイ:南部ソンクラー県サダオ郡における連続爆発事件の発生について(12/24)

●フィリピン:マニラ近郊における邦人誘拐事件の発生に関する注意喚起(12/18)



広域情報

●MERSコロナウイルスによる感染症の発生(その15)(12/20)

●年末年始に海外へ渡航される皆様へ(海外で注意すべき感染症について)(12/20)

●海外へ渡航される皆様へ(動物検疫に関する注意)(12/20)

●MERSコロナウイルスによる感染症の発生(その14)(12/04)



***********************************

*在ミャンマー日本国大使館領事部

*電話:95-1-549644~8

*FAX:95-1-549643

*メール:ryoji@yn.mofa.go.jp

*【旅券,証明,届出,各種ご相談】

*8:30~16:00

*(緊急の場合は24時間対応)

*【査証(VISA)】

*申請 9:00~11:00 交付 14:00~16:00

***********************************




スポンサードリンク

[在ミャンマー大使館]メールマガジン(12月号)

******************************
*****

*在ミャンマー日本国大使館からのお知らせ

*(在留邦人向けメールマガジン)

***********************************

大使館からのお知らせ

                        平成25年12月2日

                        在ミャンマー日本国大使館領事部





1.領事窓口時間変更のお知らせ

平成26年1月6日より,当館領事窓口時間が変わります。



◆平成25年(2013)12月27日までは,

 【旅券,証明,届出等】 08:30-12:30,13:30-17:00

 【査証】        09:00-11:30(申請)

             13:30-17:00(受領)

◆平成26年(2014)1月6日からは,

 【旅券,証明,届出等】 08:30-16:00

 【査証】        09:00-11:00(申請)

             14:00-16:00(受領)



 このたび,領事サービス向上のために,当館の領事窓口時間を見直すこととなりました。今回の時間変更により,査証以外の手続につきましては,昼休み時間にも御利用いただけるようになります。

 なお,12時から14時までは職員が交替で事務を取り扱いますので,お待ちいただく時間が長くなる場合や内容によっては14時までお待ちいただく場合があります。御理解と御協力を御願いいたします。

 また,最近査証申請者が急増しているため,午前中の領事待合室が大変混雑し,御来館の皆様にはご迷惑をお掛けしております。査証以外の用務でご来館のお客様は,午前8時30分から午前9時まで又は午後の時間帯が比較的すいておりますので,こちらの時間帯のご利用をご検討ください。

 今後とも,よりよい領事サービスの提供を目指して,一層の努力を続けて参ります。





2.年末年始の領事窓口休館日(大使館休館日)のお知らせ

 年末年始の領事窓口休館日(大使館休館日)を以下の通りお知らせ致します。

 平成25年12月28日(土)から

 平成26年 1月 5日(日)まで

 緊急の場合は、大使館代表電話549644~8へおかけ頂き、24時間勤務の守衛へ伝言(お名前、お電話番号)をお伝え下さい。領事担当より折り返しご連絡致します。

 平成26年領事窓口休館日(大使館休館日)は,確定次第,パダウ及びメールマガジンにてお知らせ致します。





3.前掲以後発出された,主な渡航情報は以下のとおりです。

スポット情報

●タイ:反政府集会デモの実施等に関する注意喚起(11/26)

●フィリピン:台風30号被害に係る注意喚起(11/22)

●マレーシア:サバ州における外国人襲撃・誘拐事件に関する注意喚起(11/19)

●フィリピン:熱帯低気圧(フィリピン名:ゾライダ)接近に伴う注意喚起(11/11)

●フィリピン:台風30号の接近に伴う注意喚起(その2)(11/07)

●フィリピン:台風30号の接近に伴う注意喚起(11/06)

●バングラデシュ:大規模な反政府ゼネスト(ハルタル)等に関する注意喚起(11/05)

●パキスタン:米国無人機の攻撃によるTTP代表殺害等に伴う注意喚起(11/05)



危険情報

●ブータン(11/08)

ブータン南部(インドのアルナチャル・プラデシュ州,アッサム州,西ベンガル州との国境付近)

:「十分注意してください。」(継続)



広域情報

●MERSコロナウイルスによる感染症の発生(その13)(11/21)

●MERSコロナウイルスによる感染症の発生(その12)(11/11)



***********************************

*在ミャンマー日本国大使館領事部

*電話:95-1-549644~8

*FAX:95-1-549643

*メール:ryoji@yn.mofa.go.jp

*【旅券,証明,届出,各種ご相談】~平成26年1月から窓口時間が変わります~

*平成25年12月27日まで

*8:30~12:30 13:30~17:00

*平成26年1月6日から

*8:30~16:00

*(緊急の場合は24時間対応)

*【査証(VISA)】~平成26年1月から窓口時間が変わります~

*平成25年12月27日まで

*申請 9:00~11:30 交付 13:30~17:00

*平成26年1月6日から

*申請 9:00~11:00 交付 14:00~16:00

***********************************




スポンサードリンク

ミャンマー便「縮小」 茨城県知事が「大変残念」他

Gold_Safe_468x60

朝日新聞
茨城空港とミャンマーを結ぶチャーター便の就航が、目標だった年内から来年2月に延び、週3便の計画だった運航も現時点では2月中に5回のツアー実施にとどまることに ...

えん食べ
ミャンマーに関する様々な団体が集うイベント「ミャンマー祭り2013」が、11月17日に ... NPO や NGO、企業のブースが出展されるほか、ミャンマー料理店約10店も出店。

ミャンマーニュース
ミャンマー語は日本語と文法がよく似ていることから、日本人にとってとても学習しやすい言語といわれています。私たちは長らく学校で英語を勉強してきましたが、なかなか身 ...

ダイエットクラブNEWS
ミャンマー祭り実行委員会は11月17日、ミャンマーの寺子屋教育支援と、知・衣・食・文化を紹介するイベント『ミャンマー祭り2013』を、東京・芝の増上寺で初開催する。

ValuePress! (プレスリリース)
セミナーでは、ミャンマー国の気象概況、過去の気象災害及び自然災害リスク、これに対する防災・減災対策の可能性等についてご紹介します。また、日本貿易振興 ...

マイナビニュース
... に迷い込んでしまったように、「チャイナリスク」を避けるために東南アジアに向っている企業も、今度はベトナムで、ミャンマーで苦戦を強いられることになるのではないでしょ ...

朝日新聞
全日写連理事で熊谷市在住の写真家・林喜一さん(75)が、ミャンマーで撮影した写真展「癒やしの国・ミャンマー」を、8日から東京都新宿区の新宿三井ビル1階の ...



ミャンマー、少数民族との融和をめざして 他

Gold_Safe_468x60
ミャンマーニュース
民主化と経済成長を進めるミャンマーにおいて、政府は4日各地の少数民族の反政府武装勢力「カチン独立機構(KIO)」の代表者らと同国北部のカチン州ミッチーナで和平 ...

マイナビニュース
ミャンマー祭り実行委員会は11月17日に、ミャンマーの寺子屋教育支援と、知・衣・食・文化を紹介するイベント「ミャンマー祭り2013」を東京・芝の増上寺で初開催する。

四国新聞
サッカーのミャンマーU―23(23歳以下)代表選手団が6日、来県。丸亀市金倉町の県立丸亀競技場でカマタマーレ讃岐と練習試合を行い、試合前には地元の保育所の ...

アジア エックス
ミャンマーのビール市場で83%のシェアを誇るミャンマー・ブルワリーの契約条項をめぐる争いで、株式の45%を所有するミャンマー・エコノミック・ホールディングス(UMEHL) ...

ミャンマーニュース
民主化後の検閲緩和によって表現が許されるようになったが、ミャンマーでは、裸体をアートとして鑑賞するという教育がされていない。その中でこのような展覧会を開くことは ...

朝日新聞
カン・ミンチョルは、1983年にミャンマーの首都だったラングーン(現ヤンゴン)で起きた北朝鮮による全斗煥(チョン・ドゥファン)・韓国大統領(当時)の暗殺未遂事件の実行犯 ...

ミャンマー新聞 - 日本語で読むミャンマーニュース
マスターカードの東南アジア地域(APMEA)プレジデントのマシュー・ドライバー(Matthew Driver)氏は、「ミャンマーでは依然として銀行サービスの利用率が低いが、決済 ...

SankeiBiz
ミャンマー最大都市、ヤンゴンでは深刻なホテル不足を解消しようと、外資、地元資本による大小を問わないホテル建設、既存ホテルの増改築が相次いでいる。2011年の ...

47NEWS
台湾で貿易促進業務を手掛ける中華民国対外貿易発展協会(TAITRA)がミャンマー最大の都市ヤンゴンに事務所を開設した。台湾紙の中国時報が伝えたもので、同協会 ...



ミャンマーの12年度成長率は6.5% 外国投資などがけん引 他

Gold_Safe_468x60


日本経済新聞
世銀が初めて策定したミャンマー経済に関する包括的なリポートの中で明らかにした。けん引役となった外国からの直接投資は27億ドルで11年度比で4割増加した。

日本経済新聞
【ヤンゴン=松井基一】ミャンマー全土で停戦を話し合う政府と少数民族武装勢力との会議は5日、合意文書の署名に至らず終了した。停戦に向けた政治的対話を進めること ...

日本経済新聞
【ヤンゴン=松井基一】欧米の経済制裁で低迷したミャンマーの縫製業が復調しつつある。安価な労働力に注目する日本や韓国からの委託生産が増加。欧州連合(EU)が ...

ミャンマーニュース
6両合計の収容人数は648名で、バスに比べると移動時間は格段に短縮される。ミャンマー鉄道は、コストがもう少し下がれば国民もバスより鉄道を選ぶようになると見込んで ...

ミャンマーニュース
運行は1日9便、チケット代はミャンマー国民は300キャット、外国人客は1米ドルとなる。 ... ミャンマー鉄道は、コストがもう少し下がれば国民もバスより鉄道を選ぶようになると ...

ミャンマーニュース
グーグルチェアマンのエリック・シュミットが、香港中文大学で企業家精神を育てるアントレプレナーシップ・プログラム行い、ミャンマーのインターネット普及について述べた。

SankeiBiz
駿台予備学校を中心とした駿台グループのエスエイティーティー株式会社(代表取締役社長:山畔 清明、以下、SATT)は、ミャンマーにおいて正式認可を受けたSATTヤンゴン ...
ミャンマーニュース
大統領府のスポークスマン、U Ye Htut氏は、3日、ミャンマーの日刊紙、ディリーイレブンで、アメリカに対し、各国に対する主権の尊重を呼びかけた。各国の外交任務の安全 ...

ミャンマーニュース
ミャンマーの副大統領、ニャン・トゥン氏は、2日、国内にある中小企業の活性化の重要 ... の経済発展が期待されるミャンマーで、国内中小企業の育成は最重要課題である。

ZAKZAK
2012年の米国による経済制裁の停止宣言から、世界から注目を集めるASEAN市場で、最も熱い注目を集めていたミャンマーであるが、その熱も少し落ち着いてきたのが ...



ミャンマー経済特別区開発のための共同事業体が設立されました

Gold_Safe_468x60

経済産業省 (プレスリリース)-BE2556/10/30
ミャンマーへの経済協力として、経済産業省も積極的に支援しております「ミャンマー・ティラワSEZ(経済特別区)開発」について、昨日、同区開発を担う「MJティラワ・デベロップメント社(Myanmar-Japan Thilawa Development Ltd, 本社予定 ...




266316_329936

ニュース検索
新着ニュース

agoda_smartsearch

お問い合わせ・情報提供
『ビルマ・タイムズ』へのお問い合わせ、または情報を提供していただける方は、こちらからご連絡ください。

『ビルマ・タイムズ』に関して
『ビルマ・タイムズ』は、主にラオスに関する国内外のニュース、情報サイトを巡回し、テーマに即したものを集め、又は翻訳をし編集部の視点を踏まえて紹介しています。

当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。使用している版権物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。著作権所有者様からの警告及び修正・撤去のご連絡があった場合は迅速に対処または削除いたします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード